後悔していること公開

はい、こんばんは。​

なんだかんだとあがきつつ、なかなか先が見えないnabeサンです。​

いやぁ、最近夜中まで作業をしていることが多くてですね。​
まぁ、準備作業なので一円の稼ぎにもならないのですが、どうにも寝不足気味です。​

夜眠れない分、昼寝してますけど\( ‘ω’)/​

今日も昼寝してたら、「全然うまく行かないんですよ~」と仲間に泣きつく夢を見てしまいました。​
起きたらうっすら涙が・・・。​

っと、まぁ、こんなことはどうでもいいですね。​

さて、前回は妄想をいろいろ書いてみたら反響が無くて僕ちん涙目。​
というわけで、今回のテーマは実話でいこうと思います。​

うーん、心に残っていることと言えば心残り。​
後悔していること。​
今まで何回も書いてきているからな。​

ハナミを相手にした時のトゲ先輩のように、のどから血を出す思いで話しますね。​

うーん、焦って独立したのが、一番良くなかったなぁ。​

20代半ばでFCの研修に行かせてもらって、バブル崩壊直後に数千万の退職金をはたいてFC加盟した人と話をして、いつしか自分も独立したいって思って。​

その後、30前後(よく覚えてない)で体調崩してからは、余計に自分の勤務時間は自分でコントロールしたくなって。​
それから10年、いろいろな職場を転々としたなぁ。​

生命保険会社は半年で解雇。​
なぜなら研修期間中に親せき縁者を勧誘できなかったから。​

知ってました?​
15年前の保険会社では、「目標未達の場合は、自己都合で退職します」って念書書かされたんですよ。​
半年ごとに決められた業績を達成できないとね、何年勤めていてもクビ。​

で、クビになるのはだいたい新人って相場が決まっていて、彼らが獲得したお客様は、退職後は直属の上司に割り当てられるという。​

保険料の一部が給料になる仕組みになっていますからね。​
実にうまくできたもんです。​

営業の練習もかねてということで、一生懸命勉強して調べて親せきを説得してようやく入ってもらって。​
納得して入ってもらったのに、2~3か月で辞めましたなんて言えませんからね。​

で、その後はファストフード店FCに勤務。​
薄給ながらも結婚して子供が生まれて職場の近くにアパート借りて、あのときは大変だったなぁ。​
お金も時間もなくて。​

学歴もコネも何もなかったから、独立するならFCしかないって思い込んでました。​
いろいろなところで働かせてもらって内側から見させてもらったけど、最終的に出た結論は、「個人で飲食系のFCに加盟して開業するのは無理」。​

当時は借金をするって発想はなかったし。​

その後、一度は飲食の道を外れてプログラマーになろうと思って職業訓練に行ったけど、結局ダメでした。​

なぜって、未経験はね、どこも採用してもらえないんですよ。​

訓練学校では、オシロスコープ使ったり、配線組むようなこともやっていました。​
いろんな事情でいろんな年齢の人がいました。​
でも、その中で仕事が決まったのは、もともとプログラマーやってたけど嫌気がさして転向してきた子たちだけ。​
しかも、元の職種の経験者としてね。​

職業訓練所なんてまったく関係ないじゃんっていう。​

そんな現実を見てどうしたか。​
僕も飲食の道に戻りました。​
店長やって年収200万円くらいでしたね。​

そこは独立について学ぶどころか、開業から6年間、一度も黒字になったことがない店舗で、他の会社の売り上げで穴うめしている状態でした。​
毎日15時間くらい働いて残業代なし。​
さすがにたまりかねてやめました。​

その後、派遣社員になりました。​
情けないことに、今までで一番稼げました。​

で、ここら辺は以前お話ししましたね。​
中途採用を全力で拒否された話。​

その後、再び飲食の道へ。​
年収400万円というのにつられて一か月間の研修を受けに行ったんですけどね。​
ブラックというか、めちゃくちゃ体育会系のところでした。​

2人1部屋のマンスリーで生活しながらの研修。​
一週間で数人が離脱し、深夜まで及んだミーティング中、若い子がトイレに行ったまま帰ってこない事件が発生。​
様子を見に行ったら血を吐いて倒れていたという。​

僕が最年長だったので「店長」と呼ばれて研修生をまとめてましてね。​
店長が残るなら俺も残るよって、負けず嫌いの子が残ってくれたけど、もういたたまれなくて途中で終了。​
結局、あの代の研修生は一人も残らず空中分解しました。​

2週間くらい家を空けていたから、帰ったら保育園に通っていた娘にめちゃくちゃ泣かれました。​
「パパ、もう2度と遠くに行かないで。約束してって」​
懐かしいなぁ。​

娘が小学校に上がるタイミングで開業してすれ違い生活になってしまったから、何もしてあげられなかったな。​
時間的に収入的にも。​

と、塾と全く関係ない話ばかりでした。​

塾だけでなくその前に後悔していること多すぎという。​

まぁ、でも、次回でnabeサンブログも最後になりますので、あと1回だけお付き合いくださいね。​

次回、「ネタぎれのネタぎれ」。

どうぞお楽しみに~。