nabeサンは今、何を考えているのか?

はい、こんにちは。​

気がつけば今月ももう3分の1が終わってしまいましたね。​
経験上、カレンダーや時計が気になっちゃうのは集中できない、つまりうまく行っていないときだと知っているnabeサンです。​


さて、今日も読者リクエストにお応えしようと思います。​

今回のテーマは、fudotsuさんからいただいた「nabeサンは今、何を考えているのか」。​


急がば回れ。​

というわけではありませんが(ないんかい!)、ちょっと回りくどい話をしますね。​

「何を考えているか」よりも「なぜそう考えるか」からお伝えした方が理解してもらいやすいと思うので。​

ここら辺のプロセスについてはサイモン・シネックのTEDトーク「優れたリーダーはどうやって行動を促すか」の影響を受けています。​


(1)nabeサンの性格​
「性格」とは、「先天的な気質と後天的な影響とによる、その人の感情・意志などの傾向」です。​
性の字が「生まれながらの心」、格の字が「いたる、法則」といった意味を持ちます。​
つまり、「性格」に従って思考や行動が決まっていくということですね。​

では、「今のnabeサンの性格」はどのようなものなのでしょうか。​

もともと自分に対する評価は低いです。​
厳しいと言った方がより正確ですね。​
そのため、他人の失敗は許せるけど自分の失敗は許せない。​
それでいて、許した他人を妬ましく思う。​

自分で決めたルールなのに、ずいぶんとひねくれてますね(;’∀’)​

では、なぜこの性格が形成されたのか。​

AB型の牡羊座だから?(笑)​

一番わかっていそうでわからないことは「自分のこと」である。​
って、誰か言ってた気がする。​
知らんけど。​

で、牡羊座の性格はというと、行動家、情熱、正義漢ってところですかね。​
AB型は天才肌、二重人格、合理的。​

例えばそれがどんな行動につながってくるのかというと、子供のころから学級委員をしたり部長や副部長を務めたり、リーダー格でいることが多かったです。​
周囲に推されてなることもあれば、その場を丸く収めるために自ら買って出たこともあります。​

これは正義感からってこともあるし、できるやつ(自分)がすればいいじゃんって合理的な考えに基づくものだと思います。​

結果的に、自分よりも他人のため、チームのために行動をすることが多く、より自分を厳しく評価したり自身の優先順位を意図的に下げるようになりました。​

個人の幸せや自己実現ということで考えるとよくない傾向です。​
その証拠に、自己啓発の本とか何年も読み続けていますが全然結果が出ません( ´艸`)​

なんちゃって。​
自分の価値観、判断基準に問題があったんだと気づいたのはつい最近のことなので、これから変わるといいな。​

でもそんな性格だからこそ、嘲笑を受けるリスクを背負い、痛みをこらえながらこのブログを書けているわけです。​

(2)今の状況​
今は両親と同居しています。​
両親は年金受給をしていて、開業の際にその収入を聞きいたら、今まで自分が正社員として働いてきたどの収入よりも多かったです。​
嫁はパートに出ていますが、経営者の僕の収入より多かったです。​

結婚して一人目が生まれてから1~2年くらいはアパートに暮らしていました。​
しかし、当時、自分が不規則な勤務体系だったため、育児の負担が全部嫁にかかってしまいました。​
また嫁が育児中心の生活をすると世帯収入が下がり、アパート生活は無理ゲーなのがわかり転がり込んだ感じです。​

その後もいくつか職を転々としつつお金を貯めました。​
そして貯金をはたき、借金までして念願の独立開業を果たしたのが5年前の話。​

そこからの話はだいぶしてきましたけど、ほとんど売り上げがあがらず、入ってきたお金はロイヤリティと家賃、広告費でほとんど消えていくありさま。​
5年間で家計に入れたお金は10万円くらいだと思います。​

そして今、数百万円の借金を抱えつつも無収入の状態です。​
嫁とブログ読者さんにしか言ってないですけど( ´艸`)​

(3)生活サイクル​
なるべく12時前後に寝て8時前後に起きるようにしています。​
で、朝食は軽めにし、5~10分くらい瞑想して気持ちを静めてから1日をスタートします。​

何かしらアクションを起こさないと結果は出ないし、かと言って不安なままだと行動に踏み切れませんので。​

起業してからは、どうやって集客すればいいのか、そればかり勉強していました。​
起業する前はコンテンツだとか売り方だとか、そこら辺を学んでいたんですけどね。​
塾の時もそうだったけど、結局お客さんがつかないことには立ち行かないですから。​

その甲斐あって、最近になってようやくwebビジネスの全体像が見えてきました。​

GWくらいからはFBの友だち登録を増やしたり、無料特典を自作し、FB広告を出し、メルマガ読者を増やすことに注力しています。​
事業の内容に関しては、ブログの趣旨から外れてしまうので書くことが許されていません。​
すみません。​

(4)夢​
45歳にもなって「夢」というのもなんか恥ずかしい気がしますが、将来は不労所得だけで生活できるようになりたいですね。​
子どもたちの生活費も含めて。​

で、こういう話をすると必ずイヤな顔をしたり、全力で否定する人が出てきますけど、なにも働きたくないから言っているわけではありませんよ!​
むしろ逆です。​

生活費の心配がなければお金で仕事を選ばなくていいわけですから、報酬に関わらず自分の得意なことや社会で必要とされている活動に時間を割くことができます。​

どこまで行っても「性格」なんでしょうね。​
賃金が安いからと誰もやりたがらない仕事とか、理念は高尚なのに収益上の問題から報酬が払えないような活動に身を投じたいなって考えています。​

自ら割に合わないことをしようっていうんだから、本当に損な性格ですね((+_+))​

損と得の道あらば損の道を行く」と言ったのは、たしかダスキン創業者の鈴木清一氏でした。​

(5)悩みと不安​
「悩み」とは「精神的に苦痛・負担を感ずること。そう感じさせるもの」。​
「不安」とは「何かが気がかりで、落ち着かない(安らぎが得られない)心の状態」。​

つまり、悩みがあるから不安になるということですね。​

僕の一番の悩みは収入がないこと。​
僕の毎日の努力は本当に実を結ぶんだろうか、今月末のカードの支払いをどうしようかと考えると不安になります。​

流れは作られつつあるので、あとはチョロチョロとでも流入が始まればいいんですけど。​

で、これまでの失敗の経験からして、利益を早急に求めようとするのはよくないと思っています。​
それでいて、利益度外視で物事を行うのは自分で自分の首を絞めることになることもわかっています。​

そのジレンマの中で、いかに最短経路を行くか、そこが問題ですね。​

(6)希望​
希望と言うより一縷の望みと言ったほうがいいかも。​

今は起業家スクールみたいなところに入っていて(2年のローンを組みました)、チームで頑張ろうって雰囲気になっているのがせめてもの救いですね。​
一人だけだったら、一度沈んだら浮き上がって来られないと思います。​

あとは、情けない話、今月分の支払いくらいなら親に借金できるかも?ってところです。​
何とか平静を保っていられるのは、両親が健在であるおかげ。​


だいぶぶっちゃけたので、身バレしている人には恥ずかしいですけどこれが正直なところです。​

少しでも皆さんの助けになるといいなぁ。​
そしてできれば自分の収入にもなるといいんだけど。(てへぺろ)​

さて、今回も最後まで読んでいただきありがとうございます。​

次回のテーマは決まってないけど、どうぞお楽しみに~~。