5年間の塾経営…FC加盟に対する恨みつらみ

はい、こんばんは。

30日のテナント受け渡し余裕っしょって思っていたら、土日フルに片づけてギリギリだったnabeサンです。

 

いや~、机だの椅子だの本棚だのパーテーションだの、捨てるのもったいないなぁと思って廃品回収業者は入れなかったんですよね。

だって、机は1万円、椅子3千円、本棚もしっかりした作りでアマゾンで1万円以上しましたしね。

 

全部を使い回せないにしても、もしまた塾をやるとしたら、場所代以外の元手ゼロ円で開業できるじゃないですか。

それに、町内の祖父の家に「バラック」と呼んでいる大きな物置みたいな建物があるので、そこに一時的に保管しとけばいいかなって。

 

そうしたら、スペース的には全然余裕だったんですけど、移動時間が・・・。

 

テナントと祖父の家を行き来するのに1時間弱かかりました。

当然、荷物の積み下ろしは別にかかるわけで。

 

昨日今日と朝から晩まで、嫁に荷造りなども手伝ってもらってやっと終わりが見えてきました。

昨日は2人で1台に乗り合わせて3往復したんですけど、今日は嫁の軽も使って2台で2.5往復しました。

その甲斐あって、あとは、パソコンやプリンタなど自宅で使えそうな家電を持って帰ってくるだけ。

もちろん、バラックに移した荷物も少しずつ処分していきますけどね。

 

実際に片づける前は、「捨てるのもったいないし売っても二束三文だし、保管場所があってラッキー」って思っていました。

でも今は、激しく後悔しています。

あんなにしんどい思いをした上にしばらく後始末の心配もしなきゃいけないなら、業者に任せた方が楽だったなぁって。

 

いやー、バラすの面倒だからって、本棚そのまま父のワンボックスに乗せて運んだら、移動中に壊れちゃって(*´ω`)

完全にゴミになりました。(てへぺろ)

 

もう、どうにでもな~れ~♪

 

張り詰めていた気持ちが切れちゃいました。

 

よって、2つ目の本棚は壊して解体して運びました。

 

ほかに、マニアックな高校入試のテキストとかシリウスとか、捨てないでいたんですけどね。

教材研究というより教材収集が趣味だったので、余生の脳トレに使おうと思って。

 

でも、それも全部縛りました。

 

捨てる捨てる、お前らなんて全部捨ててやる~!

(借金も捨てたーい。来月の支払いどうしよう?)

 

それに、「もしもう一度塾を開業するとしたら」って・・・。

 

自分で言い出したことだけど、家族とすれ違いの昼夜逆転生活に戻りたくないわー。

二度とやらん。

やるとしても週2~3回のバイト程度でいいや。

 

って、だったら、全部処分しても良かったんじゃん!

 

ふぁー。(ため息)

 

娘が小学校に上がるのと同時に開業して丸5年。

あっという間だったなぁ。

 

って、廃業したから、もう「開業5周年」とか言ってる場合じゃないか。

 

 

まぁ、ここんところシステムの話ばかりだったので、5周年(まだ言うのね)を機にちょっと振り返ってみましょうかね。

 

本部の人の口車に乗せられて、月末休みもなく、個別指導なのに5週目の授業料はサービスでしていたなぁ。

当然、バイトには5週目の分も払うわけで、おかしいって気づくべきだったなぁ。

祝日も土曜日も開けて、盆暮れ正月GW合わせても年間休日50日くらいしかなかったなぁ。

加盟金の分割払いをお願いしつつ出世払いにしてもらっていたら、まさかコロナのタイミングで支払い再開しろと言われるなんて、夢にも思っていなかったなぁ。

FCに加盟したのに、本部の人が巡回に来たの、開業2日目と2週間後と1年10か月後の3回だけなのは意外だったなぁ。

脱退の手続き、数回のメールのやり取りでどちらからともなく連絡途絶えて終了になったのも意外だったなぁ。

「開業したのに全然生徒が集まりません。あと3か月もこの状態が続いたら、貯金が底を尽きます・・・」って相談受けて親身に答えはしたものの、半年後、オーナーチェンジしている人いたなぁ。

全体の加盟教室は増えていないのに、あるFC会社の教室数はうなぎ登りなのが不思議だよなぁ。

ちなみに、なぜかその会社の社長が数十万もする開業研修担当なんだよなぁ。

同期と言うか、同じ日に開業研修を受けた人が1人だけいたけど、2年で退職金全部溶かして廃業していったなぁ。

借金残ってないだけマシだけど、本部のおひざ元で開業しておきながら2年間ずっと在籍生が1桁だったっていうのはすごいよなぁ。

借金600万からスタートして5年、借金が1000万近くまで膨らんで廃業するなんて予想外だったなぁ。

 

タ〇ンワークで開業当初に求人出したら、生徒の問い合わせよりバイトの問い合わせの方が多くて萎えたなぁ。

しかも5人採用したけど生徒が全く入らなくて、半年経ってから電話したら1人以外断られたなぁ。

そのうえ残った1人も、週1授業で月1万円だと金にならないので辞めますってすぐにいなくなったなぁ。

それでいて求人かけてない時期に「求人見て電話したんですけど」って応募があったなぁ。

その子を採用して2年続けてもらったけど、「4月からは生徒数が大幅に減るので、働いてもらえそうな日があったら連絡しますね」って言ったまま1年経ってしまったなぁ。

元大学教授だっていう70歳近いおじいさんからの応募もあったなぁ。

年齢を理由に断るのは悪いと思って面接はしたけど、ワイシャツに飲み物こぼしたシミはあるし、何言ってるかわからないし、時間の無駄だったなぁ。

それに「採用するかどうかは改めて連絡しますね」って言ったのに、帰り際に「じゃ、来週から来ますんでよろしくお願いしまぁす!」って言われてめちゃくちゃ焦ったなぁ。

さらに、不採用通知と応募書類を返送したら、「面接の結果はどうなっていますか?」って数日後に電話があって、このときはマジでイラっとしたなぁ。

人の話を聞け~!

週1のバイト講師に1万円のバイト代払いながら、週6で働いている自分の収入はマイナスで本当に惨めだったなぁ。

バイ〇ルの営業マンに乗せられて、「動画撮影して募集掛けたら、バイトめちゃくちゃ集まりますよ」って言われて出稿したら問い合わせゼロだったなぁ。

しかも、「前回は残念でしたね!次回はもう1個上のプランで出しましょか!」って言われて着信拒否したなぁ。

「未経験可」って求人出したら、「50歳で今まで教えた経験はないんだけど、片道10キロの交通費を払ってくれるならやってみてもいいよ?」って電話受けて面食らったなぁ。

ほかにも従量課金タイプの求人サイトから申し込みがあったのに、その後、一切音信不通になる応募者がいたなぁ。

 

こうして思い返してみると、本当にいい思い出がないなぁ。

 

ってか、5年経って脱退できたのが一番いい思い出カモしれない。

 

みなさんは悪いFCに騙されないでね。